シノハラの歴史

HISTORY

シノハラの歴史

1923年(大正12年)創業
日本で初めてソファベッドが造られたのは私たちの工場でした。

1923
大正12年

福岡県門司市大里東通町にて篠原慶介が家具製造を開始。
主として北九州地区の役所および企業向けの事務所家具、小中学校用の机および椅子を製作。
簡易宿泊用のソファ機能付ベッドを開発する。

1935
昭和10年

事務用机および回転椅子の製作が本格化する。

1941
昭和16年

太平洋戦争突入。
戦時中は軍事品の製造指定工場となり、爆弾の羽、弾薬の箱、灯火管制用の暗幕の製作を行う。

1945
昭和20年

終戦。米軍が小倉に進駐。福岡県門司市片上町に工場を移転。
製材業務などで、戦災住宅の建設に携わる。
進駐米軍の住宅家具指定工場となり、洋家具、タンス、氷冷蔵庫、洋式トイレの木製便座の製作を行う。また、米軍芦屋基地および目田原基地の住宅の家具維持管理を行う。

1949
昭和24年

株式会社シノハラ製作所設立。

1951
昭和26年

日米講和後、一般市販家具の製造を再開し、メラミンテーブル、ソファベッドの製作が本格化する。
伸張式テーブルを開発し、製作が本格化する。

1953
昭和28年

野球用バットを試作する。

1959
昭和34年

第一号カタログ「チロリアン55型」を発表。

1962
昭和37年

第二号カタログ「ハーモニーソファベッド」を発表。

1966
昭和41年

東京都中央区晴海にJFCビル建設に参加する。
東京営業所を開設。(~1973年)

1968
昭和43年

福岡県田川市東町工場団地に田川工場を増設する。(~1982年)
田川工場での主力製品はテーブル。
門司工場での主力製品はソファベッド。

1982
昭和57年

篠原至が代表取締役社長就任。
門司工場の一棟が火事て全焼。

1989
平成元年

創業者篠原慶介が永眠。(享年90歳)

1990
平成2年

篠原猛が代表取締役社長就任。

2001
平成13年

横浜営業所を開設。(~2007年)

2006
平成18年

本社に第1ショールームを開設

2012
平成24

本社に第2ショールームを開設

2014
平成26年

篠原元樹が代表取締役社長に就任

創業者 篠原慶介