ソファ時奥行ランキングで選ぶソファベッド

HOW TO CHOOSE

ソファ時奥行ランキング

ソファ時に奥行が短くスペースにゆとりがもてるソファベッドを
ランキング形式でご紹介します。

ソファ時奥行(mm)について

ソファとして使用する際に座り心地等を重要視するのは当然のことですが、希望するPointに設置できず、場所を移動させたのでは100%満足とは言えないのではないでしょうか?
ソファ時には座りやすく全体の奥行きが短いとスペースにゆとりが生まれます。
そのようなソファ時の奥行が短いソファベッドやチェアベッドをランキングにしています。

ソファ時奥行が短い = スペースを有効活用できる!

ソファ時奥行の図

シノハラ製作所のソファ時奥行上位ランキング

1位EDDY(エディ)ソファ時奥行365mm

商品詳細はこちら

奥行460mmの収納付きボックスベンチです。様々なシーンでいろいろな表情を見せるこのベンチは1台4役以上の優れものです。

エディ写真

2位SCALE(スケール)ソファ時奥行640mm

商品詳細はこちら

チェアベッドとしては最小サイズの奥行き640mm。とにかくスペースを確保したい時にこのチェアベッドは最適です。木目柄のパネルは汚れが目立ちにくく、高級感を与えてくれます。

スケール写真

3位DIN(ディン)ソファ時奥行690mm

商品詳細はこちら

全体の奥行が690mmと業界屈指のソファ時の薄さにも関わらず、座り心地は安定しておりシノハラ製作所の高い技術力が生かされています。

ディン写真

4位MILE(ミレ)ソファ時奥行700mm

商品詳細はこちら

奥行700mmはチェアとしては普通なのですが・・・、このNo4には順位以上の意味合いがあります。
MILEは「5倍楽しめるシステムチェア」として様々な用途に使用出来ますので、700mmの奥行き空間が「いつも居るスペース」となります。

ミレ写真

5位MOLE(モレ)ソファ時奥行730mm

商品詳細はこちら

とにかく奥行にスペースの無い方にお勧めです。日本人男性の平均肩幅は約460mm程度の為、クッションを取り除くと680mmの座面奥行で快適。背はクッションを置いているだけですが座り心地も抜群です。

モレ写真