座面下高さランキングで選ぶソファベッド

HOW TO CHOOSE

座面下高さランキング

座面下に広いスペースがあり、立ち上がりやすさに配慮した
高さのソファベッドをご紹介します。

座面下高さ(mm)について

立ち上がる時に、頭→お尻→踵が一直線の状態になるとベストなのですが、その踵の入るスペースが狭く(浅く)ては足が上手くソファベッドの下に入らず、膝や腰に大きな負担となります。
座っている座面の下にスペースがあると立ち上がりやすく体に余計な負担をかけません。
その立ち上がりやすさ(座面下高さ)のベスト3を紹介します。

立ち上がりやすいソファベッド選びのポイント

立ち上がりやすいソファベッド選びのポイント図

*座面下の高さが12cm以上であれば一般的な「お掃除ロボット」が通れます。

シノハラ製作所の座面下高さ上位ランキング

1位PURATTS(プラッツ)座面下高さ280mm

商品詳細はこちら

座面下高さ280mmで広いスペースを確保しています。
座面のクッション材に硬質ウレタンチップを使用している為、固めの座り心地が立ち上がりを更に手助けします。

プラッツ写真

2位BLAND NON(ブランドノン)座面下高さ260mm

商品詳細はこちら

BLANDシリーズのBLAND NONは、立ち上がりやすさを重視し、同シリーズのBLAND SETから座面下の収納部分を取り除くことで、260mmの座面下高さを実現しました。

ブランドノン写真

3位CONTINENT(コンチネント)座面下高さ230mm

商品詳細はこちら

高さ230mmの脚を使用したスッキリとしたデザインのソファベッドです。
4本脚の為、横からの掃除もらくらくです。

コンチネント写真

4位SMART & COMPACT(スマート&コンパクト)座面下高さ185mm

商品詳細はこちら

座面下の開口は立ち上がりやすく、お掃除がしやすいです。
コ型の木脚がすっきりとして優しく、明るいイメージにしてくれます。

スマート&コンパクト写真

番外DIN(ディン)座面下高さ80mm

商品詳細はこちら

座面下高さが低いにも関わらず、立ち上がりやすさを考慮したソファベッドが「DIN(ディン)」
踵が少ししかソファベッドの下に入らない分を手がかかりやすいアームスタイルでカバーしています。

ディン写真