面積変化率ランキングで選ぶソファベッド

HOW TO CHOOSE

面積変化率ランキング

ソファ時とベッド時に占める床面積の変化の大きさを
数値化し、ランキング形式でご紹介します。

面積変化率(%)とは?

ソファ時に占める床面積とベッド時に占める床面積との比率を表した数値です。
ソファでのご使用時には人の歩くスペースの確保など様々な動線が必要となりますが、ベッド時にはその動線を排除し、寝るスペースとなってほしいものです。
その変化の大きさを数値化したものが「面積変化率」です。

面積変化率計算式

ベッドに占める床面積/ソファ時に占める床面積=面積変化率(%)

*よりお客様のニーズに合った商品を見つけるには、「フラット設計」と併用してご活用下さい。

シノハラ製作所の面積変化率上位ランキング

1位SCALE(スケール)面積変化率260%

商品詳細はこちら

シノハララインナップでチェア時が一番最小スペースの幅780mm×奥行640mm。2段階で伸縮しますので、ベッド時には長さ1950mmを確保し、面積変化率260%のNo.1。チェア時とベッド時の座面の高さが同じで立ち上がり易いです。1人掛けチェアから簡易ベッドへの変化率は業界最大級です。

スケール写真

2位LATTICE(ラティス)面積変化率255%

商品詳細はこちら

ソファ時:奥行790mmの非常にコンパクトなサイズで場所をとらず、ベッド時:長さ2020mmは通常のベッドサイズと同じスペースを確保いたします。手前に引き出すタイプのソファベッドでソファ時の奥行は、業界最小級です。スペースを貴重とする業務用で威力を発揮します。

ラティス写真

3位MILE(ミレ)面積変化率240%

商品詳細はこちら

ソファ時:幅770mm×奥行700mmからベッド時:幅1850mm×奥行700mmへと2.4倍も拡張するシステムチェア。前後のスペースはそのまま、サイドの変化にて威力を発揮します。
用途に応じていろいろ変化するシステムチェアです。

ミレ写真

4位SEEDS(シーズ)面積変化率219%

商品詳細はこちら

ソファ時:幅680mm×奥行790mmからベッド時:幅680mm×奥行1730mmへ変化します。
簡易ベッドとしてのご利用で最大限の力を発揮します。側面にスペースの余裕がない方にお勧めです。

シーズ写真

5位KOZZY&ZICO(コージー&ジーコ)面積変化率186%

商品詳細はこちら

ゆったり1人で座れるサイズのソファから、肘をスライドさせることによって生まれる快眠スペースです。
横に伸びるタイプでソファ時:幅1125mmから2090mmへと変化します。
背付きの「コージ―」,背無しの「ジーコ」ともに面積変化率186%です。

コージー写真

5位LEEZEN(リーゼン)面積変化率186%

商品詳細はこちら

コージー同様、ゆったり一人で座れるサイズのソファから、肘を横にスライドさせてマットを広げると快眠スペースが出現します。
ソファ時:幅1100mmからベッド時:2050mmへと変化します。座面下には収納庫も備わっています。

リーゼン写真